みがき棒鋼とは

磨棒鋼とは
磨棒鋼は、棒鋼又はコイルを素材とし、ダイスを通じて引抜加工した寸法精度の高い高級精密な棒鋼二次製品である。製品の断面形状は、丸・角・平・異形で寸法は 3~120 mm (最大 180mm)、素材は炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼等です。

磨棒鋼は、中間素材であって、シャフトを始めボルト、ナット、ネジ等の機械部品に加工され、自動車等の輸送機械、建設機械、電機・精密機械等の機械機器部品として広範囲の需要分野で使用され、我が国製造業の基盤を担っています。

 

磨棒鋼の製造方法

 「鉄は熱いうちに叩け」のことわざ通り、一般に鋼材を作る場合、熱間圧延で成形すると加工しやすいのですが、熱間だと表面に黒皮と称するスケールが付着し、見栄えが良くありません。また、寸法精度、長さ精度、真直性もあまり良くなくそのまま使用する用途は限られるのです。その黒皮材を素材よりも細い穴のあいたダイスに素材を通し、決められた寸法に引き落とすことを引き抜きといいます。
冷間で穴のあいたダイスに素材を通すと著しく表面光沢のある、寸法精度の良い真っ直ぐな鋼材になります。それを、みがき棒鋼、英語でCold drawn barと呼びます。みがき棒鋼を作る方法は3通りあり、

●ダイス(金型)を通し冷間で引き抜き加工する。
引抜きは ダイスを通して作る方法でみがき品の90%以上がこれです
コスト的にも引抜法が最も安価です。

●バイトで切削(旋削)加工する。
切削または旋削はピーリングまたは英語でTurned and polished barとも言い、工具で削る方法です。

●センターレスグラインダーでBar材表面を研削加工する。
研削(研磨)は砥石を使い、表面を削りますが、引抜きに比べ、浅くしか削れません。引抜き研削(研磨)と切削、 英語でGround barと呼んでいます。

一般的には、製品がBarの場合を「引き抜き」、Coilの場合には「伸線」と呼ぶことが多いようです。
また、素材形状と製品形状の関係から分けると

●Coil素材からBar製品に引き抜き加工する(連続引き抜き)(*イラスト1)

●Coil素材からCoil製品に引き抜き加工する(伸線)(*イラスト2)

●Bar素材からBar製品に引き抜き加工する(引き抜き)(*イラスト3)

昔は字の如く棒状のもの(Bar材)が主流でしたが、その後の圧延技術・冷間加工技術の向上により、現在は棒状のものよりも線状のもの(Coil材)の生産も多くなっています。
Bar材は主に切削加工・転造用などに、Coil材は冷間圧造(Cold Header)用に主として使用されます。

コイル素材がダイスに引き込まれます。 素材をダイスに通した後キャリエージで引っ張ります
色々の大きさのダイス 引き抜かれ切断された直後の製品

磨棒鋼製造工程

*1 Coil to Ber 引抜行程 コイル→ショットブラスト→ダイス(引抜き)→キャリエージ→製品

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

*2 Coil to Coil 引抜行程 コイル→酸洗→ダイス(引抜き)→製品(コイル)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

*3 Bar to Bar 引抜行程 バー→ショットブラスト→ダイス(引抜き)→キャリエージ→製品(バー)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得