磨棒鋼とは

磨棒鋼の歴史

磨棒鋼の用途例、産業との関係

 鋼材を型に通して引き抜く「鉄鋼二次加工品」です。冷間引抜きにより、丸型・六角形状をはじめ各種異形形状の棒鋼を製造します。

 わが国における磨棒鋼の歴史は、線材製品同様、東大阪の枚岡地区が発祥の地であり、生駒の水車の力を利用して最初に製造されました。

 磨棒鋼は自動車産業、OA機器・工作機械や住宅産業、コンピューター、通信機、OA 機器、自動車等から半導体製造装置、産業用ロボット、工作機械、船舶、原子力発電機器まで、幅広い分野に利用されています。

More Info More Info More Info